FIAT PANDA 3 にポン付け H4(Hi/Lo) LED を買ってみた

決して明るくないPANDAのハロゲンバルブ。高効率バルブにすることで、まぁそこそこマシにはなるのですが、そこはハロゲンの限界、イマイチ満足と言えるレベルには達しません。さらに加齢によってどんどん暗い道が見えにくくなります。そんなモヤモヤを抱えながら、PANDA 3 にポン付けできる H4 LED を模索していました。PANDA 3 はヘッドライトバルブ後部をゴムキャップで完全に塞いでしまうタイプなので、コネクタ込みで内部に納める必要があり、実質一体型のポン付けタイプしか選択肢がありません。
さらに個人的な希望として色温度が6000Kとか青っぽい奴はキャラに合わないので避けたい。そうすると、数あるH4 Hi/Lo 切り替え一体型LEDでも一気に選択肢がなくなります

そこで、条件に合うLEDバルブをいくつか絞ってみます。ある程度信用のおけるメーカー・ブランドで色温度4500K前後の一体型H4だと、現状、「ベロフ」「スフィアライト」「POLARG(ポラーグ)」くらいしかありません。

これらの特長は以下の通り。

ブランドBELLOFスフィアライトPOLARG
商品名PreciousRay ZRIZINGαLED電球
型番DBA1921SRACH4045-02P3004C
色温度4500K4500K4200K
消費電力25W12W12W
内蔵ファンありなしなし
明るさ(Hi/Lo)3600lm/3200lm3600lm3000lm/2800lm
ノイズ対策不明あり不明
ハイビームインジケーターキャンセラー別売内蔵別売
定価(税込)10,998円9,680円オープンプライス

評判がいい印象なのはベロフでしたが、こちらはファンを内蔵しています。ファン内蔵タイプは音が気になるという評価があったため控えました。可動部があるということで、故障のリスクも多少上がります。ファンのせいか消費電力も高めです。

BELLOF

スフィアライトは、このモデルについてネットの評価が良いと悪いに二極化されていて、どれほどのものか分かりませんが、スペック上はこの三つの中では魅力的です。スフィアライトのLEDは全般的には高評価に感じますので、なぜこのライジングαの評価が分かれるのか興味深いです。

SPHERE LIGHT(スフィアライト)

POLARG(ポラーグ)はおそらくこの中では最後発で、小糸系列のブランドということで期待が高まります。数値上の明るさは他の二種とくらべて控えめですが、要は見え方が良いものが優秀と言えますので小糸ブランドの底力が気になる存在ではあります。

POLARG(ポラーグ)

お財布に余裕があれば全て試してみたいところですが、どれも得体の知れない中華物と違ってそこそこの価格がしますので、ここは一つに絞る必要があります。

結論はこちらにしました!

スフィアライト!

決め手は色温度、ルーメン値、ファン無し、ノイズ対策、あたりでしょうか。あとはスフィアライトというブランドを信じてみることにしました。
ハイビーム時に手前をすこし照らしてくれる「アシストハイビーム機能」というのも好印象。

スフィアライトのRIZINGαはどうやらマイナーチェンジが行われたようで、今回購入した物は品番から察するにマイナーチェンジ後モデルだと思います。マイナーチェンジにより悪評の多かった耐久性が改善されていると期待も込めて。

そうそう、そもそもどのモデルも輸入車対応はしていないので、どれを選んでも自己責任です

買って初めて気づいたのですが、スフィアライトはハイビーム側のLEDチップが2個しかありません(ベロフやポラーグは3つ)。まぁ、ハイビームなんてほとんど使わないのでローが明るければそれでいいのですが、ちょっとやられたなぁという気もします。

このLEDの明るさはメーカーの公表値で3600ルーメンとなっていますが、この値がLoなのかHiなのかわかりません。
このLEDはHiに切り替えてもしてもLo側は完全に消灯することなく、減光するだけなのでひょっとするとHi側(Hi+減光Lo)の値なのかも。
その点をメーカーに問い合わてみましたが「近日中にスタッフより返信させていただきます。」と返信が来ただけで一向に返答がありません。感じ悪いです

今時当たり前ですが、フィラメントとLEDチップの位置はほぼ完全に一致しています。

ではさっそく取り付け。

PANDAのバルブ交換は、ヘッドライト後方に十分なスペースもありいたって簡単です。

ゴムキャップを外してコネクターを引き抜き、バルブを後ろに引っ張ると抜けるようになっています。H4でよくある針金のようなものは使っておらず、3カ所の板バネのような物でカチッと留まっているだけです。なので後方に引っ張りながらグリグリしているとパカッと外れます。

少々頼りない固定方法なので、LEDに重量があると気になるのですが、購入したスフィアライトは本体が金属製で想像以上の重さがあります。

実際に取り付けてみると、台座の金属の厚みも手伝ってか、普通のバルブのようにしっかりハマった感が乏しく不安な感じがします。しかし他に取り付けを補強する方法もないので外れないことを祈るだけです。ハロゲンに比べ本体がコネクタ側にもすこし長いですがこのくらいなら余裕で収まります。

↓点灯したところ。

見た感じほとんど白色ですが、若干電球がかった絶妙な色だと思います。少なくとも青白くはないのでいい雰囲気です。

ハイビームも問題なく点灯しますし、インジケーター類も正常でした。FMラジオにノイズが入るというレビューも見かけましたが、パンダの場合そのようなことはありませんでした。

やはりHiにしてもLoが完全に消灯することなく手前を照らしてくれる『アシストハイビーム』はいいですね。

マルチリフレクター構造のH4タイプにLEDは相性が悪いとよく言われます(LEDはプロジェクター向き)。組み合わせによっては変なグレアが出てしまったり、あらぬ方向を照らしてしまったり、照らせない領域ができてしまったり。

パンダの場合はどうでしょう。

それまで使っていた高効率ハロゲン(フィリップスレーシングヴィジョン)との比較です。

カメラの露出を固定できていないのであくまで参考です。

↓ハロゲン(高効率タイプ)Lo側の照射

↓今回取り付けたRIZINGαのLo側照射

一見あまり変わらなく見えますが、まず色が見やすくなっていて手前から遠くまでまんべんなく照らしており、肉眼ではかなり見やすく感じます。光軸が僅かに上がってしまったかな?

↓ハロゲンのHi側照射。

↓RIZINGαのHi側照射。

予想に反して光量がアップしていて、アシストハイビームのおかげで手前もかなり明るく照らしてくれます。

今回は明るさで定評のあるフィリップスの高効率バルブとの比較なので、写真からは明らかな違いを写し取れなかったのですが、肉眼ではかなり見やすくなりました。見たいところが確実に明るいという感じです。

純正のハロゲンから交換した場合は、劇的な変化が感じられると思います。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました